問題社員対応 一覧

問題社員対応(解雇など)を弁護士に相談すべき3つの理由

1 問題社員対応は弁護士へ相談! (1)社労士だけでなく弁護士にも相談すべき理由 問題社員対応を弁護士に相談するメリットは大きく以下の3点です。 1.問題社員の類型ごとのポイントについてアド 続きを読む >>

問題を起こした従業員に対してはどのような懲戒処分ができるのか?

1 設例 Xはマイカー通勤していたが、会社内の飲み会があった日の帰り、酒気を帯びた状態でマイカーを運転しての帰宅途中、路上に停車中の自動車に追突するという物損を起こした。 会社はXに対する懲戒 続きを読む >>

解雇にあたって使用者の義務とされる解雇予告についての注意点

1 解雇予告制度の内容 労働基準法では、使用者は、従業員を解雇する場合にあたり、前もって解雇する旨を予告するか、または解雇予告手当を支払わなければならない、というルールが定められております。 (解 続きを読む >>

問題社員を解雇する場合は要注意!解雇の種類とその選択

1 よくあるご相談例 現在当社では問題ばかり起こす従業員の解雇を検討しております。 就業規則の規定を見ると、解雇には「懲戒解雇」「諭旨解雇」「普通解雇限」と解雇にも種類があるようです。 問題 続きを読む >>

メンタルヘルス不調者に関する労務対応④ ~ハラスメントと会社の安全配慮義務~

「メンタルヘルス不調者に関する労務対応③~長時間労働と会社の安全配慮義務~」において、長時間労働に起因するメンタル不調防止の観点から会社が行うべき安全配慮義務・労務対応を主に解説してきました。 続きを読む >>

メンタルヘルス不調者に関する労務対応③ ~長時間労働と会社の安全配慮義務~

これまで「メンタルヘルス不調者に関する労務対応①~休職開始から自動退職までの対応~」「メンタルヘルス不調者に関する労務対応②~主なQ&A~」において、メンタルヘルス不調者が看取される場合や休職開始した 続きを読む >>

メンタルヘルス不調者に関する労務対応② ~主なQ&A~

休職を既に行っている労働者に対しての対応については、 「メンタルヘルス不調者に関する労務対応①~休職開始から自動退職までの対応~」をご参照ください。 本稿では、私傷病休職制度利用、特にメン 続きを読む >>

メンタルヘルス不調者に関する労務対応① ~休職制度利用開始から自動退職までの対応~

1 私傷病休職制度について 「私傷病休職制度」とは、業務外の傷病により労働の提供ができない労働者に対しては労働提供義務の債務不履行という理由で労働契約を解除(解雇)するのが可能なことが原則の中で、当 続きを読む >>

従業員のSNSトラブルに対して企業の取るべき対応策

1 情報があっという間に拡散するので損害があっという間に拡大 Twitter(ツイッター)やface book(フェイスブック)やインスタグラムなど、SNSは誰もが気軽に利用できるソーシャルメディア 続きを読む >>