その他弁護士費用

初回相談料

30分5500円(消費税込み)

一般民事事件弁護士費用

経済的利益 着手金標準額 報酬金標準額
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え,3000万円以下の 場合 5%+9万円 10%+18万円
3000万円を超え,3億円以下の場合 3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円
着手金の最低額は10万円,報酬金の最低額は20万円とする。
着手金・報酬金は,事件の内容によりそれぞれ計算された標準額から30%の範囲内で増減額する。

労働事件弁護士費用

個別労働事件(団体交渉以外) 着手金標準額 報酬金標準額
交渉 10万円~ 20万円~
労働審判 40万円~ 60万円~
訴訟(第1審) 30万円~ 50万円~
着手金・報酬金は,事件の内容によりそれぞれ計算された標準額から30%の範囲内で増減額する。

 

団体交渉事件 着手金標準額 報酬金標準額
個別労働紛争事件 40万円~ 80万円~
集団的労使関係に関する事件 80万円~ 150万円~
着手金・報酬金は,事件の内容によりそれぞれ計算された標準額から30%の範囲内で増減額する。

調査・書類作成弁護士費用

項目 分類 手数料
法律関係・事実関係の調査 簡易~通常 5万円~20万円
複雑 20万円~100万円
契約書類及びこれに準ずる書類の作成 定型 10万円~
非定型 20万円~

 

関連記事はこちら